メンタルケア心理士 開業は可能でしょうか?

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

メンタルケア心理士の資格を取得して開業することは可能か?

 

メンタルケア心理士の開業は可能でしょうか?ということですが、メンタルケア心理士の資格を取得して開業することは可能です。実際に、メンタルケア心理士の資格を取得した後、そう時間をおかずに独立開業する方もいます。先に独立開業の準備をしっかりしておいてから、メンタルケア心理士の資格取得を目指すという方もいるようです。

 

心理カウンセラーになることを目指してメンタルケア心理士の資格を取得している方も多いかと思いますが、洋画などで見かける心理カウンセラーというのはそのほとんどが独立開業しているものです。自宅の一室をカウンセリングルームにしているということもありますし、自宅とは別にきちんと場所を借りてカウンセリングルームを設けているということもあります。言ってしまえば、心理カウンセラーとして働いている方の中には独立開業している方も多いのです。

 

もともと、心理カウンセラーとしての独立開業というのはしやすい傾向にあります。というのも、心理カウンセラーとして開業するための初期費用というのはほとんど必要ないのです。これが飲食店や雑貨屋さんであれば、また事情も大きく異なってきます。飲食店であれば専用の機材を用意しなければいけないかもしれませんし、そのために何百万円というお金をかけることになるかもしれません。雑貨屋さんでもお店で取り扱う商品の仕入れなどがあります。毎月の仕入れにはたくさんのお金が必要になるでしょう。心理カウンセラーの場合には、極端な話、一室とテーブルとイスさえあればそれで開業できてしまうのです。

 

メンタルケア心理士の資格を取得した後に心理カウンセラーとして開業をするのであれば、一室とテーブルとイスを用意し、そこで実際にカウンセリングをしていくだけなのです。もちろん、一室を借りるのであれば賃料も必要になりますし、書類などを用意するのにも多少はお金がかかるでしょう。しかしながら、飲食店や雑貨屋さんとしての開業を考えれば、はるかに少ない初期費用で開業ができるのです。

 

メンタルケア心理士開業で考えられるパターンについて

 

メンタルケア心理士の資格を取得して開業することは可能ですが、開業で考えられるパターンについてお話ししていきましょう。というのも、開業にもいろいろなパターンがあるのです。

 

まずは、自分ひとりで開業するという場合についてです。おそらくメンタルケア心理士の資格を取得してからの開業を考えている方のほとんどが自分ひとりでの開業を検討していることでしょう。この場合、まず自宅の一室をカウンセリングルームとして使うということが考えられます。お金もかかりませんし、自宅で働くことができるということで本人としてはかなりのメリットがあるでしょう。しかしながら、カウンセリングルームに生活感があると、あまりよくないという話もあります。生活感を出さないような工夫が必要になってくるでしょう。

 

自宅の一室をカウンセリングルームにするにしても、それがマンションの場合にはまた事情も異なってきます。マンションの中には、あくまでも居住のために使ってくださいというところが多いものです。カウンセリングルームとして使うのはやはり立派なビジネスです。居住専用のマンションの場合には、別でカウンセリングルームを借りるしかないでしょう。「隠れてすればOK」なんて考えているようではいけません。心理カウンセラーにおいてはその信用が大事なのです。本当はいけないとわかっていることを隠れてするというのは、心理カウンセラーとしての信用を下げるだけです。

 

現在の住まいが賃貸だという方も同じです。ビジネスでの利用をOKしてもらえるのであれば、マンションでも一軒家でも一室をカウンセリングルームに使うのはいいでしょう。しかしながら、居住専用ということであれば、住まいとは別に場所を借りて、カウンセリングルームを確保していくことになります。

 

どのような形であっても自分ひとりで開業する場合には、多少のことを人に手伝ってもらうことはあっても基本的にすべて自分ひとりでおこなっていく覚悟が必要になります。面倒な手続きや書類の作成も出てくるでしょう。クライエントから文句を言われることもあるでしょうし、場合によってはクレーマーの相手をすることもあるでしょう。そういったことに加えて、お金の問題なども自分ひとりで考えていくことになるのです。

 

次に、誰かと一緒に開業するというパターンについてです。弁護士さんでも何人かの弁護士さんが集まってひとつの事務所を持つということがあります。同じように何人かの心理カウンセラーが集まって、共同のカウンセリングルームを持つということもできるのです。人数が多ければ多いほど、費用の面でも分担することができますので気が楽になる部分はあるでしょう。

 

しかしながら、誰かと共同で持つということは何かあったときに連帯責任になるということでもあります。ひとりが問題を起こせば、それでカウンセリングルームの信用もなくしてしまうでしょう。場合によっては、突然メンバーがひとり夜逃げをしてしまうということもあるかもしれません。誰かと共同で開業してカウンセリングルームを持つ場合にも、それなりのリスクがあるということを覚悟しておかなければいけません。自分ひとりがどんなに一生懸命に頑張っていても他のメンバーのせいでうまくいかないということも出てくるのです。

 

そして、今の時代ならではの開業のパターンですが、インターネット上で開業するということもできます。実店舗がなくともウェブショップとして開業することは簡単にできるものです。心理カウンセラーとして開業するのであればウェブショップという感じではなく、インターネット上での心の相談や電話カウンセリングなどをサービスとして提供していくことになるでしょう。こういった形で開業するというのは、まさに今の時代ならではのパターンなのではないでしょうか。

 

メンタルケア心理士 金額はこちら
メンタルケア心理士 過去問はこちら
メンタルケア心理士 給料はこちら
メンタルケア心理士 通信講座 期間はこちら

 

実際のメンタルケア心理士開業までにはどんなパターンが多いのか

 

では、メンタルケア心理士の資格を取得して開業するまでには実際にどのようなパターンが多いのでしょうか。まず理解しておきたいのは、メンタルケア心理士の資格を取得していたとしても、心理カウンセラーとしてはそれと別に経験や人としての厚み、信用というものが必要になってくるということです。より充実した活動をおこなっていきたいのであれば、もっといろいろなものが必要になってくるでしょう。

 

メンタルケア心理士の資格を取得したからといってそれがすぐに仕事につながるわけではありません。だからこそ、最初はボランティアや不定期なカウンセラー業務をすることによって、コミュニティーを広げていくことが大切です。実際に、そういった形で入っていくパターンが多いようです。

 

また、先でもお話ししましたように今の時代はインターネットを通してサービスを提供することもできます。そのため、心の相談や電話カウンセリングをサイトを通して出品するという形で始めるパターンも多くなっています。こういった形で実績を積んでいき、最終的にカウンセリングルームとして開業するという方も多いのです。心理カウンセラーに限らず、在宅ワークサイトを使って実績を積みつつ資金を貯め、開業するというパターンは多くなっているのです。

 

メンタルケア心理士開業を甘く見てはいけない

 

メンタルケア心理士の資格を取得した後で開業するというのは、思っているよりも簡単にできるものです。初期費用が大して必要にならないため、すでに自由になる部屋を持っている方であれば本当にすぐにカウンセリングルームを開業することができるでしょう。しかしながら、だからといって開業を甘く見てはいけません。というのも、カウンセリングルームに限らず、開業した後ですぐに店じまいになってしまうようなケースも少なくはないのです。

 

心理カウンセラーの存在が必要になっているものの、心理カウンセラーのところへ相談に行く方というのはまだそこまで多くはありません。日本は海外に比べると、まだまだカウンセリングというものに抵抗を持っている方が多いのです。そのため、支援が必要な人に限ってカウンセリングルームに来てくれないということもあるのです。

 

せっかくメンタルケア心理士の資格を取得して心理カウンセラーになっているのに、肝心の心理カウンセリングができないのではやはりやりがいも感じられないものです。また、心理カウンセラーとしての収入にも大きく関係してくることでしょう。特に、開業をした後にどれだけの収入が得られるかというのは重要なポイントになってきます。どんなに十分な資金を用意していても、収入が0の月が続ければその資金が減っていくだけです。

 

カウンセリングルームを開業することを甘く見ていてはいけないのです。クライエントが来ないというのであれば、クライエントが来やすいように工夫をする必要もありますし、場合によっては広告を出す必要もあるでしょう。カウンセリングに満足してもらえないようなことがあれば、心理カウンセラーとしての知識やスキルをもっと高めていかなければいけません。

 

メンタルケア心理士の資格を取得した後にカウンセリングルームを開業するのは、思っているよりも簡単にできるでしょう。しかしながら、だからといって開業を甘く見ないことです。開業することよりも、開業した後のことのほうが大切です。そのカウンセリングルームを継続していくためにも、困っているクライエントをひとりでも多く助けるためにも、いろいろな努力をしていかなければならないのです。自分のカウンセリングルームを持つというのは、言ってしまえば自分の城を持つことです。しかしながら、その城を長く保っていくことが大切なのです。

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑